第一包装資材株式会社 直販だからできること、第一包装資材株式会社

デキる農家は知っている!野菜の包装は「おしゃれ」よりも「それっぽさ」

デキる農家は知っている!野菜の包装は「おしゃれ」よりも「それっぽさ」

おいしい野菜の包装パッケージはおしゃれにした方がいいの?
丁寧な梱包だけでは足りない?

結論から言うと、野菜をたくさん売りたいのならパッケージに力を入れた方がよいでしょう。しかし、過度に凝ったデザインを目指す必要はありません。

野菜を安全に包み、より良く見せるためのパッケージデザイン。直売所での販売やインターネット販売の流行をうけて、その重要性は高まっています。

そこで本記事では、野菜をもっと売れやすくする、パッケージデザインのポイントを解説していきます。

売上トップの農家はパッケージに工夫をしている

売上トップの農家はパッケージに工夫をしている

第一包装資材が手がけたデザイン

売上を伸ばしている農家の方は、ちょっとした工夫も欠かしません。例えば野菜の包装パッケージ。パッケージにこだわっている野菜を見ると、お客さんはこう思います。

「丁寧に梱包されているな」→「丁寧に栽培しているんだろうな」→「この人が作った野菜ならきっと美味しいかも」

パッケージにこだわることが野菜栽培の好印象につながり、手に取って購入する理由になります。

実際に、売上トップを占める生産者さんの9割以上の方が、パッケージに何かしら工夫をされていますよ。

売れるパッケージとは?

第一包装資材が実際に手がけたデザイン

「売れる野菜」のパッケージデザインにはどんな特徴があるのでしょうか。答えは、「シンプルで野菜の状態がよく見える」パッケージデザインが正解ということになります。

それはなぜなのでしょうか。ヒントは消費者の心理にあります。

野菜を購入する消費者の多くは

値段をみる→手にとる→鮮度を調べる→産地を調べる

という手順を経て、安心・納得して買い物カゴに商品を入れています。

ここで購入の決め手となるくらいに重要な情報は、「野菜の鮮度」です。ブランド野菜などの例外はあるにせよ、「売れる野菜」の条件は、鮮度をいかにアピールできるかということにあります。

このようにみていくと、「売れる野菜」と「売れない野菜」は、すでに包装資材(パッケージ)のデザインで勝負がついていることになります。

「おしゃれ」でも売れるとは限らない

パッケージデザインがカラフルだったり、生産者の似顔絵が貼ってあったりと、デザイン性に優れたパッケージが増えてきています。

確かに、おしゃれなパッケージは見ていて楽しい気持ちにさせてくれますが、たくさん売れるようになるとは限りません。なぜなら、余計な情報でごちゃごちゃしているせいで「野菜の鮮度」や「生産者の田舎臭さ」が伝わらなくなってしまうためです。

お客さんが本当に求めているのはパッケージの洗練度ではありません。お客さんが欲しいと思うポイントはどこにあるのか、しっかり確認していきましょう。

お客さんが求めているものを確認しよう

お客さんが求めているものを確認しよう

お客さんが野菜に求めるもの。それは「おいしさ・新鮮さ・安全」です。したがって、理想の農家像は、田んぼの中で土にまみれて一生懸命栽培に励む「オヤジ」ではないでしょうか。

カラフルで洗練されたイメージではなく、シンプルでわかりやすい包装が売れやすいのはこのためです。

そこで野菜のパッケージデザインは、

  • 田舎臭さ
  • 懐かしさ
  • 温かさ
  • オヤジ感

がイメージされた、親しみやすいパッケージデザインをおすすめします。

まとめ

この記事では野菜をもっと売れやすくする、パッケージデザインのポイントを解説しました。

記事のポイント
  • 野菜をたくさん売るにはパッケージの工夫が欠かせない
  • 「おしゃれ」なパッケージが売れるとは限らない
  • お客さんに「おいしさ・鮮度・安全」が伝わるようなパッケージをつくろう

第一包装資材株式会社は、「売れない野菜」「売れる野菜」に変えるために、これまで数多くのお客様にパッケージデザインをご提案してまいりました。

「市販のポリ袋に野菜を入れて販売している」「どんなパッケージデザインにするべきか迷っている」という方は、ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

親身にお話を伺い、最適なアドバイスをいたします。

第一包装資材の製作実績をみる お問い合わせフォーム お電話でのお問い合わせ
ページ上部へ戻る