第一包装資材株式会社 直販だからできること、第一包装資材株式会社

果物・フルーツ用の包装資材「段ボール」を4種類紹介【目的別】

果物・フルーツ用の包装資材「段ボール」を4種類紹介【目的別】

商品の発送に欠かせない包装資材。果物農家の方やフルーツを取り扱う流通業者の方の中には、どんな包装資材が適しているのか悩んでいる方も多いと思います。

そこでこの記事では、果物の梱包に適した包装資材「段ボール」を目的別にご紹介します。

段ボールにも4つの種類があり、目的に沿った選択が可能です。扱うフルーツに合った段ボールを選ぶためにも、今一度確認してみてください。

果物の包装資材に適しているのは段ボール

果物の包装資材に適しているのは段ボール

果物農家の方は日々、多くの果物を出荷しなければなりません。果物は基本的に重くて量が多いため、たくさん詰めることができる包装資材が必要です。そこでおすすめなのが段ボール。

段ボールは軽くて丈夫なだけではなく単価も安いため、コストを抑えることができます。耐久性に優れたタイプのものもあり、高級フルーツなどの梱包にもよく使われています。

果物の包装に段ボールを使うメリット
  • 軽くて丈夫
  • 単価が安く、コストを抑えられる
  • 畳めるので収納に便利
  • リサイクルしやすく、環境に優しい
  • 印刷でき、流通管理がしやすい

果物の発送や保存など幅広く使える段ボール

みかんやりんごなど、一般的な果物発送や保存に適している段ボールには、A式とB式の2種類があります。

①A式(みかん箱)

①A式(みかん箱)
引用:モノタロウ

最も一般的な段ボールで、日常のあらゆるシーンで活躍しています。蓋と底はガムテープで留めて使うと強度が増すので、重みのある物の梱包も可能です。

A式段ボールにおすすめの果物の例

  • みかん
  • りんご
  • 柑橘類
  • キウイフルーツ
  • グレープフルーツ
  • バナナ
  • パイナップル
  • レモン

②B式(差し込み型)

②B式(差し込み型)
引用:モノタロウ

蓋を差し込み、組み立てて使うタイプの段ボールです。ガムテープを使わないため、見た目には定評がありますが、強度は若干劣ってしまう印象です。重量のある果物の梱包は避けた方がいいかもしれません。

B式段ボールにおすすめの果物の例

  • みかん
  • 柑橘類
  • キウイフルーツ
  • レモン
  • ぶどう

高級果物などのギフトを梱包する場合に使える段ボール

シャインマスカットやマンゴーなどの高級フルーツを梱包する場合、包装資材の耐久性に加えて、見栄えも意識しなければなりません。

そんなギフトの梱包用におすすめの段ボールには、C式とN式の2種類があります。

③C式(弁当箱型)

③C式(弁当箱型)
引用:楽天市場

蓋を被せるタイプの段ボールで、ギフトの梱包によく使われています。果物以外にも、加工食品やタオルなどの梱包にも使われています。

C式段ボールにおすすめの果物の例

  • ぶどう
  • いちご
  • さくらんぼ

④N式

④N式
引用:モノタロウ

差し込んで組み立てるタイプのN式段ボールは、蓋が一体となっていて見た目がすっきりとした印象です。糊やテープを必要とせず、コスト面も低く抑えることができる一方で、きれいな見た目から特別なギフト間を演出できる段ボールです。

N式段ボールにおすすめの果物の例

  • マスカット
  • ぶどう
  • マンゴー
  • さくらんぼ

まとめ

この記事では、果物の梱包に適した包装資材「段ボール」を目的別にご紹介しました。ポイントをまとめると以下の通りです。扱っているフルーツ、そしてその用途に合わせて選んでみてくださいね。

段ボールの種類まとめ

  • A式:最も一般的な段ボールで、果物の大量梱包・発送・保存に向いている。
  • B式:組み立てて使う段ボールで、強度は若干劣るものの、テープいらず。
  • C式:蓋を被せて使う段ボールで、特別感を演出。高級ギフトに向いている。
  • N式:一枚からなる段ボールで、すっきりとした印象。高級果物はこのタイプが多い。

包装資材についてはなんでもご相談ください

第一包装資材では海鮮や野菜、お菓子など、ジャンルを問わず、さまざまな包装パッケージを制作してまいりました。使う素材やパッケージのデザイン、包装の作り方など、包装資材についてはなんでも気軽にご相談ください。

第一包装資材が実際に手がけたデザイン

包装資材についてはなんでもご相談ください
包装資材についてはなんでもご相談ください

野菜・果物・お菓子・海産物など、それぞれの商品にはそれぞれに合ったデザインがあります。

どんなデザインが良いのかわからない。そんな方は、ぜひ一度お問い合わせください。現在お使いのパッケージの問題点の聞き取りと改善案をご提案しながら、売上アップに貢献いたします。

新規製品の場合はお客様に伝えたい製品特徴と保存方法、流通方法をお聞きし、最適なパッケージをご提案します。「現在使っているデザインをそのまま使いたい」等のご希望も多くお受けしております。

▶︎ご依頼の流れ・詳細についてはこちら

▶︎第一包装資材の製作実績をみる

お問い合わせフォーム お電話でのお問い合わせ
ページ上部へ戻る