第一包装資材株式会社 直販だからできること、第一包装資材株式会社

ミニトマトの包装資材のご紹介。理想のトマトパックの特徴や選び方

ミニトマトの包装資材のご紹介。理想のトマトパックの特徴や選び方

ミニトマトを販売するための包装資材を探しているが、どれがいいのかわからない。そもそもどんな種類があって、どんな効果があるのか知っておきたい。

このような方は必読です。

本記事では、ミニトマトに包装資材を使うメリットから、包装資材の選び方おすすめの包装までをご紹介。

包装資材を作り続けて45年。プラスチックを中心とした包装パッケージのプロが、トマトの印象をより良くするためのノウハウを解説していきます。

ミニトマトに包装資材を使うメリット

ミニトマトに包装資材を使うメリット

ミニトマトは最も単価の高い野菜とされ、1つと無駄にできません。せっかく大事に育てたものなので、新鮮な状態でより多くの人に届けたいのではないでしょうか。そんなミニトマトの鮮度を保つには、包装資材の活用が欠かせません。

ここでは、ミニトマトに包装資材を使うメリットをご紹介していきます。

ミニトマトに包装資材を使うメリット

  • 保存が効き、日持ちする
  • 見た目が良くなる
  • 輸送しやすくなる

保存が効き、日持ちする

ミニトマトも呼吸しているため、結露の可能性があります。防曇OPP袋や、穴あきパックを使って湿度を一定に保つことで、結果として鮮度を保つことができるようになります。

見た目が良くなる

包装パッケージに包まれた野菜はシンプルに見た目が良くなります。透明なパッケージは鮮度をアピールできますし、黒底のパッケージだとトマトの赤色を目立たせることで高級感を演出できます。

他の生産者の方との差別化をするためにも、包装パッケージへの工夫は欠かせません。

輸送しやすくなる

ミニトマトは、振動やぶつかったときの衝撃に弱い野菜です。出荷してからスーパーの棚に並ぶまでの途中でダメになってしまうのを防ぐためにも、包装は欠かせません。

より安全に包装するには、かための包装パックを選ぶことがポイントになります。

ミニトマトにおすすめの包装資材

ミニトマトにおすすめの包装資材

ミニトマトの包装資材は、パックと袋の2種類があります。パック、袋にもそれぞれ豊富な種類があるため、下で紹介していきます。

ミニトマトパック

ミニトマトのパックは、蓋一体型と蓋分離型に分類されます。

蓋一体型

蓋一体型

THE・トマトパックといった包装パッケージです。軽くて薄いため扱いやすく、蓋が一体になっているので組み立ていらずで、スムーズに作業を進めることができます。

  • 主な特徴:安価・安全

蓋分離型

蓋分離型

本体と蓋が別の包装パッケージです。形もさまざまで、四角いものから丸いものまであります。種類やデザインも豊富で、高糖度トマトや珍しい品種を包装する際に利用されていることが多いです。

食べ終わった後で処分する際に片付けやすいのも特徴の一つです。

  • 主な特徴:高いデザイン性・差別化・頑丈

ミニトマト袋

ミニトマトの袋は、スタンドパック、サンバッグ、有孔チャック付きの3種類に分類されます。

スタンドパック

スタンドパック

最近流行りの包装パッケージです。底にマチがあるため自立し、より多くの商品を陳列することができます。中の商品を確認しやすいことに加え、シールを貼って販促しやすいなどのメリットがあります。

  • 主な特徴:自立してたくさん陳列できる・目立つ

サンバッグ

取っ手付きで、さまざまなデザインやカラーが選べる包装パッケージです。パックと違って薄くなるため、使用後は畳んで処分することが可能です。

  • 主な特徴:色々なデザインを選べる、作れる・ゴミが少ない

有孔チャック付き

有孔加工で通気性を確保し、湿度管理に優れた包装パッケージです。デザイン性に優れていることに加え、ゴミの削減にもつながります。

  • 主な特徴:鮮度維持・ゴミが少ない・目立つ

まとめ

この記事では、ミニトマトに包装資材を使うメリットから、包装資材の選び方おすすめの包装をご紹介しました。ミニトマトの包装パッケージは保存性・見た目・輸送性の向上につながります。野菜の質を維持することはもちろん、それをお客さんにアピールすることも重要です。

この記事で紹介したおすすめの包装資材(ミニトマトパック・ミニトマト袋)の中から、よりよい包装パッケージを見つけてみてくださいね。

包装資材についてはなんでもご相談ください

第一包装資材では海鮮や野菜、お菓子など、ジャンルを問わず、さまざまな包装パッケージを制作してまいりました。使う素材やパッケージのデザイン、包装の作り方など、包装資材についてはなんでも気軽にご相談ください。

もちろんミニトマトの包装パッケージも提案可能です。

包装資材についてはなんでもご相談ください
包装資材についてはなんでもご相談ください

野菜・果物・お菓子・海産物など、それぞれの商品にはそれぞれに合ったデザインがあります。

どんなデザインが良いのかわからない。そんな方は、ぜひ一度お問い合わせください。現在お使いのパッケージの問題点の聞き取りと改善案をご提案しながら、売上アップに貢献いたします。

新規製品の場合はお客様に伝えたい製品特徴と保存方法、流通方法をお聞きし、最適なパッケージをご提案します。「現在使っているデザインをそのまま使いたい」等のご希望も多くお受けしております。

▶︎ご依頼の流れ・詳細についてはこちら

▶︎第一包装資材の製作実績をみる

お問い合わせフォーム お電話でのお問い合わせ
ページ上部へ戻る