第一包装資材株式会社 直販だからできること、第一包装資材株式会社

パッケージの印刷方法を5つ紹介【OPPや紙器の印刷】

パッケージの印刷方法を5つ紹介【OPPや紙器の印刷】

段ボールや紙器、ポリ袋などのパッケージの印刷には、それぞれの材質によって異なる印刷方法が用いられます。印刷方法によってデザインの表現の幅が異なるため、デザインに応じて印刷方法を考えたり、素材に応じたデザインを考えなくてはなりません。

そこで本記事では、パッケージの印刷方法を5つご紹介。それぞれの特徴やメリットを確認していきましょう。

パッケージ印刷の方法まとめ
  • オフセット印刷・・・紙の印刷に適する。美しい印刷、大量印刷が可能。
  • グラビア印刷・・・フィルムの印刷に使われる。大量印刷に向く。
  • フレキソ印刷・・・段ボールの印刷に使われる。コストが抑えられる。
  • シルク印刷・・・化粧品ボトルやガラス瓶のロゴなど。曲面への印刷が可能。
  • ホットスタンプ・・・金や銀の箔を印刷する手法。

印刷方法①オフセット印刷

印刷方法①オフセット印刷

油性のインキと水が互いに反発し合う性質を利用した印刷方法です。グラデーションなど、美しい印刷が可能で、大量印刷にも適しています。

印刷に適した素材
  • 洋紙
  • 板紙

オフセット印刷について詳しくはこちら。

印刷方法②グラビア印刷

印刷方法②グラビア印刷

凹版印刷の一種で、金属板に凹みをつくり、そこにインクを溜めて押し付けるといった印刷方法です。インキの層が厚く、ベタ印刷やカラー写真の再現性に優れています。

フィルム(ビニール)への印刷はグラビア印刷がほとんど。グラデーションの再現性は高くありませんが、大量印刷に向いています。

印刷に適した素材
  • フィルム
  • ビニール

ビニールの種類についてはこちら。

グラビア印刷について詳しくはこちら。

グラビア印刷の制作例を見てみる

印刷方法③フレキソ印刷

印刷方法③フレキソ印刷

凸版印刷の一種で、版の凸部分にインキをのせて転写する印刷方法です。版が樹脂でできており、大量印刷には向きません。

カラー写真の再現性にかけ、ベタやムラがでやすいため、1色や2色の場合やコストを抑えたい場合に向いています。

印刷に適した素材
  • 段ボール
  • 紙袋

フレキソ印刷について詳しくはこちら。

印刷方法④シルク印刷

印刷方法④シルク印刷

シルクの布の網の間からインクをヘラで刷るという印刷方法です。以前は実際にシルクを使っていたので、シルク印刷と呼ばれています。

シルク印刷をするにはまず版板を作る必要があり、版板の作成に時間がかかります。乾燥にも時間がかかるため、労力と費用がかかる印刷方法です。

インクを厚く盛ることができ、局面への印刷ができるため、化粧品のボトルやガラス便のロゴ等にも使われています。

印刷に適した素材す
  • 織物
  • ガラス
  • 化粧品ボトル
  • 陶芸品

シルク印刷について詳しくはこちら。

印刷方法⑤ホットスタンプ

印刷方法⑤ホットスタンプ

金や銀などの箔を印刷する方法で、箔押しともいわれています。熱によって箔を圧着させる方式で、プラスチック容器のロゴ部分や、キャップなどの印刷に使われています。

印刷に適した素材
  • 各種プラスチック
  • 繊維製品
  • ガラス
  • 皮製品

まとめ

この記事では、パッケージの印刷方法を5つ紹介しました。素材やデザインに合わせて、適切な方法を選んでみてくださいね。

パッケージ印刷の方法まとめ
  • オフセット印刷・・・紙の印刷に適する。美しい印刷、大量印刷が可能。
  • グラビア印刷・・・フィルムの印刷に使われる。大量印刷に向く。
  • フレキソ印刷・・・段ボールの印刷に使われる。コストが抑えられる。
  • シルク印刷・・・化粧品ボトルやガラス瓶のロゴなど。曲面への印刷が可能。
  • ホットスタンプ・・・金や銀の箔を印刷する手法。

包装資材についてはなんでもご相談ください

第一包装資材では海鮮や野菜、お菓子など、ジャンルを問わず、さまざまな包装パッケージを制作してまいりました。使う素材やパッケージのデザイン、包装の作り方など、包装資材についてはなんでも気軽にご相談ください。

野菜・果物・お菓子・海産物など、それぞれの商品にはそれぞれに合ったデザインがあります。

どんなデザインが良いのかわからない。そんな方は、ぜひ一度お問い合わせください。現在お使いのパッケージの問題点の聞き取りと改善案をご提案しながら、売上アップに貢献いたします。

新規製品の場合はお客様に伝えたい製品特徴と保存方法、流通方法をお聞きし、最適なパッケージをご提案します。「現在使っているデザインをそのまま使いたい」等のご希望も多くお受けしております。

ご依頼の流れ・詳細についてはこちら 第一包装資材の制作実績をみる お問い合わせフォーム お電話でのお問い
ページ上部へ戻る