第一包装資材株式会社 直販だからできること、第一包装資材株式会社

コンパニオンプランツとは?相性の良い組み合わせの野菜の例とメリットを解説

コンパニオンプランツとは?相性の良い組み合わせの野菜の例とメリットを解説

異なる種類の野菜を組み合わせて栽培することで、病害虫を抑えたり成長を助けるコンパニオンプランツ。

農薬の使用を抑えられたり、野菜の味が良くなったりと様々なメリットがあります。

本記事では、コンパニオンプランツの効果相性の良い・悪い野菜の組み合わせをまとめてご紹介。

「作物の種類を増やしたら生育が悪くなった」「畑をもっと有効活用したい」

こんなお悩みも解消されるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

コンパニオンプランツとは植物の組み合わせのこと

コンパニオンプランツとは、お互いの成長に良い影響がある植物の組み合わせを指します。共栄作物とも呼ばれ、病気や害虫を防いだり、野菜の成長が早まるなど、様々な効果が期待できます。

例えばトマトとバジルを隣り合わせて育てることで、トマトにとって余分な水分をバジルが吸収してくれるため、甘くて美味しい実がなるようになります。

マリーゴールドには、ネグサレセンチュウという土壌害虫の発生を抑える効果があり、ナスの栽培も無農薬で済ませられるようになります。

このように、コンパニオンプランツをうまく活用することで、無農薬での栽培が可能になったり、味の良い野菜を作れるようになるのです。

コンパニオンプランツのメリットは4つ

コンパニオンプランツには以下の4つの効果があります。

コンパニオンプランツの効果

  • 害虫を避ける
  • 病気を予防する
  • 成長を促進する
  • 場所の有効活用

効果①:害虫を避ける

コンパニオンプランツはその花の色や香りで害虫を惑わし、野菜を守ります。

害虫が嫌う臭いを発する野菜を栽培して寄せ付けないようにしたり、益虫(害虫の天敵)を増やすことで害虫の発生を抑制し、野菜を守ることができるようになります。

例えば、カモミールはアブラムシの好む匂いを発するため、本来食害を起こすはずだった野菜からカモミールに誘導し、野菜を守ります。

効果②:病気を予防する

ネギやニラなどヒガンバナ科の野菜の根っこに付着している微生物が抗生物質を出すことで、病気の原因となる病原菌を減らします。

効果③:成長を促進する

背の高い植物の影に日陰でよく育つ植物を植えると、どちらも育ちが良くなります。異なる種類の野菜はそれぞれの根っこが助け合って伸び、吸水することで空気の通りがよくなるとも言われています。

マメ科の野菜の多くは空気中の窒素を植物が利用できる形で土壌に供給してくれるため、一緒に植えた野菜もよく育ちます。

効果④:場所を有効活用できる

1つのウネやプランターに複数の野菜を育てることができます。余った空間を有効活用することで、小さい土地でも多くの作物を収穫できるようになります。

【対応表】相性の良いコンパニオンプランツの組み合わせの例

コンパニオンプランツの植え方には、株と株の間に異なる種類の野菜を植える「混植」隣り合う列ごとに異なる種類の野菜を植える「間作」という方法があります。

下の対応表から、それぞれの作物に適した方法を試してみてくださいね。

※横にスクロールできます

科名野菜の組み合わせ例主な効果植え方
アカザ科ホウレンソウ×カブ、コマツナ害虫予防混植・間作
ホウレンソウ×ニンジン成長促進間作
アブラナ科カブ、コマツナ×ホウレンソウ害虫予防混植・間作
ラディッシュ×キュウリ害虫予防混植
カブ、コマツナ×リーフレタス、シュンギク害虫予防混植・間作
カブ×バジル害虫予防混植
カブ×ニンジン害虫予防
成長促進
混植・間作
キャベツ×ソラマメ成長促進間作
ダイコン×エダマメ、ダイズ成長促進間作
イネ科トウモロコシ×カボチャ、メロン成長促進間作
トウモロコシ×エダマメ成長促進間作
ウリ科キュウリ×ラディッシュ害虫予防混植
カボチャ×メロン、トウモロコシ成長促進間作
キュウリ、カボチャ、スイカ×ネギ病気予防混植
キュウリ×つるなしインゲン成長促進混植
キク科リーフレタス、シュンギク×カブ害虫予防混植・間作
リーフレタス×キャベツ害虫予防混植・間作
ゴボウ×ニンジン害虫予防
成長促進
間作
サトイモ科サトイモ×ショウガ成長促進混植
シソ科バジル×カブ害虫予防混植・間作
バジル×トマト、トウガラシ、ピーマン害虫予防混植
ショウガ科ショウガ×サトイモ成長促進混植
セリ科ニンジン×カブ害虫予防
成長促進
間作
ニンジン×ゴボウ成長促進間作
ニンジン×ホウレンソウ成長促進間作
パセリ×ナス害虫予防混植
ニンジン×エダマメ成長促進間作
ナス科トマト、トウガラシ、ピーマン×バジル害虫予防混植
ナス、トマト×ニラ病気予防間作
ジャガイモ×ネギ類成長促進間作
ナス、ピーマン×つるなしインゲン害虫予防
成長促進
混植
トマト、ナス、ピーマン×ラッカセイ成長促進混植
ヒガンバナ科ネギ×キュウリ、カボチャ、スイカ病気予防間作
ニラ×ナス、トマト成長促進間作
ネギ×ジャガイモ成長促進間作
ニンニク×イチゴ害虫予防混植
バラ科イチゴ×ニンニク害虫予防
病気予防
成長促進
混植
ヒルガオ科サツマイモ×エダマメ、ソラマメ成長促進間作
マメ科ソラマメ×キャベツ成長促進間作
エダマメ、ダイズ×ダイゴン成長促進間作
エダマメ×トウモロコシ成長促進間作
エダマメ×カボチャ成長促進混植
つるありインゲン×キュウリ成長促進混植
エダマメ×ニンジン成長促進間作
つるなしインゲン×ナス、ピーマン成長促進間作
ラッカセイ×トマト、ナス、ピーマン成長促進間作
エダマメ、ソラマメ、サツマイモ成長促進間作

【注意】相性が悪いコンパニオンプランツの組み合わせ

【注意】相性が悪いコンパニオンプランツの組み合わせ

野菜の組み合わせには相性の良いものばかりではなく、一緒に植えると悪影響を及ぼすようなものもあります。以下の組み合わせには十分注意が必要です。

※横にスクロールできます

主とする野菜避けたい野菜相性が悪い理由
キャベツゴマキャベツの生育が悪化するため。
イチゴニライチゴの生育が悪化するため。
キュウリスイカニンジンインゲンネコブセンチュウなどの先害虫が発生する畑では被害が増大するため。
ジャガイモキャベツキャベツのアレロパシー効果によってジャガイモの生育が悪化するため。
ダイコン長ネギネギの成分を嫌ってダイコンが曲がったり、二股になったりするため。
トマトジャガイモトマトの生育が悪化するため。
ナストウモロコシトウモロコシの影になり、ナスの生育が悪化するため。
レタスニラレタスの生育が悪化するため。
野菜全般ラベンダーローズマリー生育が悪化するため。

まとめ

この記事では、コンパニオンプランツの効果相性の良い・悪い野菜の組み合わせを紹介しました。病害虫から野菜を守り、成長を促進させてくれるなど、様々なメリットがあるコンパニオンプランツ。

組み合わせの良い野菜を積極的に取り入れ、野菜の質を高めていきましょう。

包装資材についてはなんでもご相談ください

第一包装資材では海鮮や野菜、お菓子など、ジャンルを問わず、さまざまな包装パッケージを制作してまいりました。使う素材やパッケージのデザイン、包装の作り方など、包装資材についてはなんでも気軽にご相談ください。

第一包装資材が実際に手がけたデザイン

第一包装資材が実際に手がけたデザイン

野菜・果物・お菓子・海産物など、それぞれの商品にはそれぞれに合ったデザインがあります。

どんなデザインが良いのかわからない。そんな方は、ぜひ一度お問い合わせください。現在お使いのパッケージの問題点の聞き取りと改善案をご提案しながら、売上アップに貢献いたします。

新規製品の場合はお客様に伝えたい製品特徴と保存方法、流通方法をお聞きし、最適なパッケージをご提案します。「現在使っているデザインをそのまま使いたい」等のご希望も多くお受けしております。

ご依頼の流れ・詳細についてはこちら 第一包装資材の製作実績をみる お問い合わせフォーム お電話でのお問い合わせ
ページ上部へ戻る