第一包装資材株式会社 直販だからできること、第一包装資材株式会社

面白いパッケージデザインの事例紹介【パッケージデザインの第一包装資材】

面白いパッケージデザインの事例紹介【パッケージデザインの第一包装資材】

これまでにない便利な機能を備えたものや、パッケージを通して謎解きなどの遊びができるものなど、世の中には面白いパッケージのアイデアがたくさんあります。

面白いパッケージのデザインは、商品そのものだけでなく、パッケージを通じた経験価値を与えることができるので、消費者に二度、三度と手に取ってもらえる可能性が高まります。

そこで今回は、面白いパッケージデザインの事例をご紹介します。

消費者の記憶に残るための企業の努力や工夫を一緒にみていきましょう。

ジョイ「めちゃ楽 逆さボトル」

ジョイ「めちゃ楽 逆さボトル」

引用:マイレピ

普段の生活に欠かせない食器用洗剤。多くの商品が並ぶ中で一際目立つ洗剤がありました。その名は”逆さジョイ”こと「めちゃ楽 逆さボトル」。容器をひっくり返したり、フタを開閉したりする手間が省けた画期的な商品です。

これまでの食器用洗剤は洗浄力や匂い、肌への刺激などの「成分の違い」が差別化のポイントとなっていました。しかし、この全く新しいボトルによって、パッケージを通じた利便性の向上が求められるようになりました。

洗剤のように同じような価格帯で近い性能の商品が多いなか、小さな差別化は購買の決定に大きく貢献します。

Rozila(ロジラ)「ガトー・ア・ラ・ブロッシュ」

Rozila(ロジラ)「ガトー・ア・ラ・ブロッシュ」

引用:Rozila(ロジラ)

まるで本物の木(バウム)のようなバウムクーヘン。それを包み込む、独創的で芸術的なパッケージ。中にはなにが詰まっているんだろうと気になってしまいます。

実はこのパッケージ、2枚の紙を手折りして作っているそうです。デザインはバウムクーヘンを作ったシェフ本人。グラフィックデザイナーを目指していた過去を持つそうで、こんな思いでパッケージを制作されたそうです。

ページ上部へ戻る