第一包装資材株式会社 直販だからできること、第一包装資材株式会社

PHOLOSOPHY経営理念

私たちは、袋創り包装資材販売を基本とし、

価値ある包装と、生き生き明るい豊かな人材企業を想像し、

社会貢献、発展し続けます

GREETING代表挨拶

創業1977年以来、皆様より暖かいご指導とご支援をいただき、着実に前進し、歴史を重ねることができました。

企画・デザイン・製造販売までの一貫した生産、供給体制で良い製品をより安く、そしてより速くをモットーに弊社の特色を発揮した製品をお届けし、
自社製品のみならず軽包装を含めた総合包装資材メーカー・販売会社として、あらゆるニーズに答えられるよう体勢を整え、
地域密着型の営業を展開していく所存でございます。

今後とも変化する自在の要請に応えるべく、努力してまいりますので、なお一層のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

第一包装資材株式会社

上用 孝満

HISTORY沿革

1977年
  • 上用義信により第一包装資材(株)創業
1989年
  • 上用好子に社長交代
1980年
  • ショッピングバッグ兼用製袋購入
  • 中国パール販売、エフピコ(容器)の二次販売代理店取得
1985年
  • スリッター、リワインダー購入
  • 大黒工業の二次代理店取得
  • 大日本印刷、凸版印刷との取引開始
1988年
  • 本社工場を永山へ移転
  • 5色グラビア印刷機、ショッピングバッグ2連式製袋機、
    全自動製袋機、トタニ式サイドシール製袋機、
    トタニ式サーボコンピューター制御変形製袋機、
    サーボコンピューター制御高速製袋機、
    高速リワインダースリッター購入
1998年
  • 上用孝満に社長交代
  • 印刷工場増設
  • オリエント式高速広巾グラビア5色印刷機増
2001年
  • トタニ式高速サイドシール機増設
2003年
  • サーボ式チューブ製袋機購入
2004年
  • 工場、倉庫増築
2005年
  • トタニ式高速長尺サイドシール機導入
  • 長ネギ、ごぼう、傘など長物袋の自社製造化
2006年
  • 印刷品質検査装置の導入
  • 新型画像静止装置の導入
  • 3色印刷機改造
2007年
  • パソコン更新
  • 2連式ショッピングバッグ専用機導入
  • 旭川市有料ごみ袋の受注に伴い高速化
2008年
  • トタニ式高速サイドシール機導入
2009年
  • トタニ式高速サイドシール機、Vカット装置導入
2010年
  • 工場、倉庫増築
2011年
  • ラベルシール印刷機導入
  • トタニ式高速サイドシール機導入
  • オリエント式高速グラビア印刷機導入
2013年
  • パソコン更新
  • ISO 9001品質マネジメントシステム認証 取得
2014年
  • 6色印刷機増設
2015年
  • 東伸式 高速スリッターリワインダー導入
  • スーパー・コンビニ向け野菜用カラー印刷フィルム包材の販売強化
2016年
  • ニレコ式 画像欠点検出機 2機導入
2017年
  • ラミネート、製袋新工場建設
2018年
  • ドライラミネーター機1台、三方シール製袋機1台、合掌製袋機1台導入
  • 3R(リサイクル、リユース、リデュース)対応包材を取り扱い強化
2019年
  • ムラタ式高速ショッピングバッグ2連式製袋機導入
2020年
  • トタニ式三方製袋機導入
  • バイオマス素材、インキ、抗菌、抗ウイルス素材の取り扱い強化

OVERVIEW会社概要

社名第一包装資材株式会社
所在地〒079-8416北海道旭川市永山6条2丁目1-2
TEL0166-48-6767
FAX0166-48-6250
代表取締役上用 孝満
従業員数45名
事業内容ポリ袋の印刷/プラスチックフィルム印刷/プラスチック成型品/弁当容器・トレー/ダンボール/紙製品/梱包資材/包装用器機/食器/包装資材全般

ページ上部へ戻る